お施主様のママ友が見学と勉強にみえました

2012年10月13日


化学物質による室内の空気汚染。

 幼児は空気を吸い込む量が大人の2倍・・・。

 新建材(工業化建材、化学建材、農薬類)によるシックハウス症候群やアレルギー、化学物質過敏症など新築住宅に起因する病気は大きな社会問題となり、平成15年7月にその対策のための法律が施行されましたが甘い法律故その収束には程遠く、有害物質の更なる規制が求められています。

 私共では、可能な限り室内の有害物質をなくすために、徹底した材料の選別を行い、その基本は「環境にたいしてどなのか、環境に良ければ人にも良い」また工業製品の場合は「製品の誕生から廃棄までの環境負荷が最小限の物を使う」。

 このようなコンセプトで建築の材料を採用しています。この結果、国が実施した室内空気汚染度調査において抜群の成果を得ることができました。

 このことにより、私共で作る新築住宅は「きれいな空気の家」と自信をもって、皆様にご紹介出来ることになりました・・・・・・。10月14日まで予約制の見学会の最中ですが、先日はお施主様のママ友がおみえになり、「空気が全然ちがう」とおっしゃって頂きました。私共で使う内装用の材料は全て地元の素材です(材木も)。

 

mamatomo_R.jpg   CIMG5822_R.JPG

同じ保育園のお友達。

 

中学校、高校の同級生のお友達。

 

DSCF5545_R.JPG

このときは、「電気と化学」という演題でおはなしをいたしました。声を掛けていただければ、お話に伺います

 

検査結果.JPG

この検査結果で自信と確信を得ることができました。

 

2009_0529写真0003.JPG   CIMG4171.JPG

K様ご夫妻は出会って11年目にたてられました。若いときに建てた家は、当時共働きのため業者まかせだったので退職後は思い通りの家を建てたいとのことで、退職までの

(画像左は上棟の時、右は見学会で説明の奥様)

 

11年間多くの家をみてまわり、「イシナガ建築工房の家はいつ行ってもどこの見学会会場でも同じ、きれいな空気だった」でご縁を頂きました。新築入居後も完成見学会にお見えになり来場者への説明もなされます。